東大生の読書ライフ

東大生の読書ライフ

現役東大生がオススメの本や快適な読書ライフを送る秘訣を紹介!あなたにぴったりの一冊を見つけるお手伝いができたらと思います。

本を読むスピードが絶対に早くなる!どんな場所や時間に読めばいいの?

                      

「遅読家のための読書術」(印南淳史、2016年、ダイアモンド社)

 

雑誌「ライフハッカー」で書評を書いている印南さんが、「読むのが遅い」ことをいかに克服し、1日に二冊の本を読めるようになったかを書いた本。

 

音が自分の中を通り抜けていくこと自体が心地いい

聴いた結果として自分の中に生まれたものが、その音楽の根本的な「価値」なのです。(p40)

音楽に携わってきた印南さんは、読書を音楽に例えます。音楽を聴くときは、真面目に一つ一つの音符を記憶しようと思って聴かないですよね。読書もそれと同じだと言います。

 

レビューを書く毎日が始まると、読書の負担がものすごく軽くなった (p74)

 読むことと書くことは呼吸することに似ている。つまり、読むこと=息を吸うこと、書くこと=息を吐くこと。読むのが辛い時は書いてみる。

そうするとインプットとアウトプットのバランスが良くなり、不思議と楽になるようです。

(こうして書評ブログを書いている私も、そう思います。)

 

 2パターン以上の読書リズムを持つ (p137)

いつも同じペースで本を読んでいると、なかなか進んでいる感じがしなくて飽きてきてしまいませんか?

本の内容にはじっくり読む必要がある部分と飛ばし読みでいい部分があるので、同じペースで読む必要自体がないと言えます。

 

この本を読むことで、本を読むペースは格段にアップすると思います。

実際、この本自体も通学の行き帰りで1日で読み切りました。

印南さんは一冊の本は必ず1日で読みきるようにしているそうです。

他にも、読書がはかどる時間や場所についても書いてあり、大変参考になりました。

 

                         

私は最近本を読むペースが遅くなってきてしまいましたが、印南流読書術を使って一日一冊に挑戦したいと思います!!

 

人生100年時代!多毛作人生も可能

f:id:tantan-giggles34:20180519061835j:plain

 

先日、大学の講義で「今は人生100年時代だから、多毛作人生も可能になった」と聞きました。

 

実際、日本の平均寿命は女性87歳、男性81歳になっています。

もうこんなに伸びているんですねΣ(・□・;)

私もあと60年以上は生きるのかな… 

 

www.nikkei.com

 

昔は平均寿命が今ほど長くなく、60歳というと相当なお年寄りだったそうです。

人生全体として今より時間がなかったので、女性は25歳までに結婚、結婚したら2年以内に出産、男性は60歳で退職してあとは余生を孫の世話や盆栽をして過ごしお迎えを待つ、という人生のテンプレートがあり、それに従うべきとする社会的圧力が強かったそうです。

 

それが今では、人生の時間が長くなったことでいわばやり直しがきくようになりました。

離婚率が上昇し、晩婚化が進みました。

結婚しない人、子供を持たない人も増えました。

男性だけが働く社会ではなくなってきました。

退職は65歳まで伸びました。生涯現役で働き続ける人もいます。

 

若い人がお年寄りを支えている図がよく出てきますが、今やもうお年寄りの人数と若い人の人数が同じになってしまい、肩車状態になっています。

そうなると、お年寄りにも社会に参加してもらわないと立ち行かなくなってしまうんですね。

 

人生100年の中で、余生は盆栽をしていたら40年経ってしまいます。

それだけの時間があれば、また相当なことができますよね。

もちろん個人差はあるのですが、八割の高齢者は元気で自立でき、社会に参加する意欲があるというデータが出ています。

社会に参加し、何らかの生きがいを見出すことが寿命を延ばすとも言われています。

 

長い人生、一つの会社に入って生涯勤め続けることができたとしても、40年間ですよ。

気の遠くなるような数字ですよね。

 

40年間も同じ会社にいるとはあまり思えず、飽きっぽい私は絶対にキャリアチェンジすると思います。

 

あなたの将来の夢は何ですか。

 

これは、子どもだけに聞く質問ではなくなってきているのです。

いくつになっても新しいキャリアにチャレンジできる。

(そうはなっていないのが現状ではありますが。でも時間はあるのだから、いくらでも可能性はありますよね)

 

私は幼稚園の時、将来の夢と聞かれて「朝はお花屋さん、昼はケーキ屋さん、夜は歌手」と言っていたみたいです。(恥ずかしい(//∇//))

 

これは暗に転職のことを言っていたのではないか!?

と思う今日この頃です。

 

いま、私は「いろいろな仕事をし、いろいろなところに住みたい」

と思っています。

 

20年前と言ってること大して変わっていないんですよね…(怖い)

まさに「三つ子の魂100まで」ですね。

 

あなたの将来の夢は、何ですか。

 

キリスト教の入門書。行くなら宗教を知っておくべし

そろそろ夏が近づいてきましたね。

大学生の夏休みとなると、旅行や短期留学などで海外に行く方も多いことと思います。

 

海外に行くときにまず日本と違う点は、宗教。

日本は宗教色が強くない国ですが、海外では宗教が生活習慣に色濃く影響しているところもあります。

せっかく行くなら、その国の宗教についても理解しておいたほうが単に「日本と違う」と感じるだけでなく、なぜこのように違うのか?と自分なりに考察できてより深い経験ができると思います。

ということで、今回はキリスト教のわかりやすい入門書を紹介します。

 

キリスト教と私 (聖母文庫)

アルフォンス・デーケン(1995年)

 

こんな人におすすめ:

キリスト教信者ではないが、キリスト教がどんな宗教なのか雰囲気を掴みたい

キリスト教が文化に与えた影響について知りたい

キリスト教信者がどんな思想を持っていて、どうやって接したらいいのか知りたい

 

分野:宗教、文化

難易度:★★★☆☆

コメント:

上智大学名誉教授でキリスト教司祭のアルフォンス・デーケン氏が、キリスト教文化圏ではない日本人に向けて、自分がキリスト教との出会いを通して経験したことをもとに、キリスト教についてやさしい言葉で解説した本。学術的な感じではなく、わかりやすい例え話も豊富にあるため読みやすい。しかし、キリスト教徒でない場合は話にちょっとついていけなくなる恐れあり。キリスト教の雰囲気や基本的な精神を知るには良い本。

 

筆者情報:

アルフォンス・デーケン氏は今から40年ほど前に故郷のドイツから来日し、それ以降ずっと日本で司祭として活動されています。

 

この本、翻訳者情報がないのにお気づきでしょうか?

そう、デーケンさんが自ら日本語で書いているんです。

すごいですよね。

私が今からドイツに行って40年暮らしたら、ドイツ語で本を出せるようになるかな…?笑

 

知り合いでデーケンさんの講演会に参加した人がいるのですが、聞いたところによるとデーケンさんは普段上智大学で学生相手に日本語で講義をしていて、日本語がペラペラだそうです。

アルフォンス・デーケン - Wikipedia

 

印象に残った話:

この本の中に「怠りの罪」という章があります。

怠りの罪とは、要するに事なかれ主義で何もしないことも罪に値する、ということです。

 

これを読んで、知り合いのフランス人留学生が以前Facebookで投稿していたことを思い出しました。

 

彼は日本で、夜の公園で女性が横たわっているのを発見しました。

苦しそうにしていて、何かしなくてはと思いましたが周りの人は見向きもしません。

その女性に話しかけると「大丈夫」と言っています。しかし明らかに様子がおかしい。

 

彼は日本語があまり話せなくて、救急車の呼び方もわからず、結局何もできなかったそうです。

その時の後悔と、自分が感じたことをたどたどしい日本語で一生懸命書いて投稿していました。

(かなり前のことなので、もしかしたら事実と違う点があるかもしれません。)

 

「フランスでは何もしないことは罪になる」

そう彼は言っていました。

つまり、「怠りの罪」です。

 

フランス人の倫理にキリスト教が深く根付いているんですね。

日本人はともすると事なかれ主義になりがちですが、反省しなければならない点も多くあると思いました。

 

宗教を知ると、外国の倫理観、価値観や文化、習慣を理解しやすくなると思います。